今だからこそ学ぶ、未来創造的経営理論

 日産鮎川義塾では、元気と景気と大気を探求する『気の学問』 別名 『王道學』 を学びます。東洋の叡智を通じて、日常生活で大切な健康と経済と環境の問題について学びます。この教えは、古く聖徳太子の『道徳と政治の融合』が日本の建国の理念となり、現代では日本の自由資本主義経済を確立した渋沢栄一・鮎川義介両先生による『道徳と経済の融合』として集大成され、企業精神にも活かされております。飛鳥の心、大和の魂、道の徳として継承されてきた教えを、現代に必要な人間学、経営学、環境学として学びます。
 気力や心の力で自らの運命をコントロールできれば、健康を保ち、事業を発展させ、必ずや人生を成功と繁栄に導くでしょう。これが気持ちの方位を処する処方箋本来の意味です。健康とは元気の気を知ることです。経済は景気の気を学び、自然環境は大気の気を理解することから始まります。内容は気付き、気持ちや気分として普段使っている分かりやすいお話です。お気軽にご参加をお待ちいたしております。
 

news / Information

鮎川義塾より >> 記事詳細

2017/03/02

2017年4月ビジネス交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by サイト管理者3
百戦錬磨の経営者、心を形にする仕事の実践者に学びます。事業経営が未経験の方も歓迎いたします。

経済と道徳の融合とは

2017年4月14日(金) 19:00~

講演者:小林一光 様  蓬台浩明 様


◆開催日時・内容・定員  
     2017年4月14日(金)  19時~  (受付開始18時30分)
 【講演】19時~21時      【懇親会】21時10分~22時30分 30名限定
◆場所  中央区日本橋茅場町2-11-8 茅場町駅前ビル3F  idea salon
     最寄り駅:東京メトロ日比谷線・東西線茅場町 1番出口徒歩1分
◇申込ページ
  
 世界的に大きな変革の時代である今、世界は真のリーダーを求めています。
これからの日本や世界を担うリーダーに求められるのは、小手先のテクニックではなく、
 本気と覚悟を持って経営と人生に立ち向かう人材。
きれいごとを、きれいごととして終わらせるのではなく、きれいごとを全うできる人材です。
 
 2017年第一回目のビジネス交流会は、日本が誇る超一流の経営者の二人をお迎えして、
経済と道徳を融合した経営についてお話しいただきます。
 今注目のお二人がどのように経済と道徳を融合させた経営を行い、
組織や人材を作っているのか、直接学ぶことができる貴重な機会です。
仕事を通して人格と魂を磨きたいビジネスパーソンのご参加をお待ちしています。

02:13 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)